スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

先勝

けつのあなにすぴりたす
四辻からの眺め

午前中のうちにお稲荷さんにお参り
迷信をもつし信神深い。
ただ、おみくじだとかお守りの類を持たぬようにした。
それは、先月のお参りの際に所持していたその類はお炊き上げで置いてきた。
おみくじは、心がけをを記憶して過去現在将来を沈黙のなかイメージしていく。
ほんとのところ、四辻までで良しと決めていた。
しんどい、と思いつつもいざ登ると途中から頑張ってみようと思う。
2回目ともなると不思議と一ノ峰は近くにかんじられた。


けつのあなにすぴりたす
ふたば稲荷の豆大福さん

豆はふっくらというより、しっかり歯ごたえがあります。
ほんのりとした塩味におさえられた甘味が絶妙です。
ひっそりとした店構えのなかで店の方の接客が気持ち良いし
めちゃ京都弁なので新鮮なおぼえがしました。


けつのあなにすぴりたす
伏見酒造組合、新酒蔵開き

200円で2種類の酒が飲めました。
しかし、京都の酒は流石に伏見の名水というかんじ、京都の料理に合わせて造られているというには納得だし
悪酔いはなさそうだ。

「鳥せい」さんが、何故あんなに流行っているのか不思議が有名のようです。
ゆっくり落ち着いて食事するなら「カッパ黄桜」がいいよと、教えてもらいその通りに家族を連れていきましたが
なにより、一度は自分で確かめた店に連れていきたいものです。


けつのあなにすぴりたす
寺田屋

建物のドアを開くと『いらっしゃいませ~』と威勢の良い声。
威勢が良すぎて引いてしまった。


けつのあなにすぴりたす
鳥せいさんは本店が伏見で創業地は木屋町、小高俊一郎碑の隣


「神聖」さんの話題の「たれ口」は
舌先にうっすら発泡性があり、甘みとボリューミーな口あたりは確かにに焼き鶏とのマッチングが良いです。
伏見の本店は昼過ぎで50人待ちだったが、こちらは16時開店で比較的早い時間に入店したのもあり
カウンター席でもゆっくりできた。
「しんぞう」が美味しい。
“レバー”なら、なんばの「かすみ酒房」、“しんぞう”なら、「鳥せい」で決まりです。

ごちそうさまでした。


けつのあなにすぴりたす
六角通りまで出ると、近くの「八百一」でチーズコロッケを買い求める。
揚げたてがやっぱり美味しい。

このあとの予定がキャンセルになったことで、お稲荷さんを思い起こし、、意味があるのかはてなだ。


スポンサーサイト
2015-12-13 : 京都 : トラックバック : 1 :
Kitchen «  ホーム  » カラーでみる太平洋戦争
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「 京都 伏見 日本酒まつり 青春18切符③  09.03.26 木 」
            鳥せい本店(神聖)  へ              鳥せい 本店 に到着  鳥せい はこちら               店の前には入店を待つ人が並ぶ               店内のこちらの席も待合室、飲みすぎか頭を垂れる人もいる               店内の席はゆとりあるある広さで作られている           ...
2015-12-15 07:13 : 酒中日記
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

プロフィール

mm

Author:mm
放談日記
たまに政治ぶろぐ


政治 ブログランキングへ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。